日産のカルロスゴーン会長の逮捕で内部告発者は社員?クーデターとの噂も調査!

日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕のニュースが入ってきました。

驚いた方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

  • カルロス・ゴーン会長逮捕の容疑は?
  • カルロス・ゴーン会長逮捕につながった内部告発者は誰?
  • 日産の内部調査はクーデターとの噂

について書きます。


カルロス・ゴーン会長逮捕の容疑は?

日産のカルロス・ゴーン会長が、報酬の過少申告の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは19日。金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑とのことです。

また、過少申告額は、億単位ということです。

今年6月26日の株主総会で、2017年度の役員報酬が7億3千万円だったと説明したゴーン氏ですが、申告額が億単位ということであれば、この年だけでも10億円超えていた可能性もありますね。

次のような意見もでています。


カルロス・ゴーン会長逮捕につながった内部告発者は誰?

日産によると、内部通報を受けて数か月間、不正行為について内部調査を行ってきたそうです。

内部告発は、社内の仕組みの中で起こったということで、社長の西川廣人氏が記者会見で話していましたので、監査法人は関わっていないということでしょうか?


日産の内部調査はクーデターとの噂

今回の逮捕は、カルロス・ゴーン会長とグレッグ・ケリー代表取締役の二人だけということで、次のようなことも言われています。


記者会見の段取りが妙にスムーズということで、クーデターなんじゃないの?とも、ささやかれていますが、記者会見の中で、西川社長は断固否定していました。

同時に、「一人の主導者に権限が集中した負の遺産」ということを再三述べていましたので、今後を見守りたいですね。

今回は、カルロス・ゴーン会長逮捕について、お伝えしました。

今後の動向についても、お知らせしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です