モレスキン手帳の特徴とおすすめは? マンスリーなど種類ごとの活用法も紹介!

こんにちは!タンゴです。

以前の記事にも書きましたが、私は、モレスキンの手帳をかれこれ10年も愛用しているヘビーユーザーです!

今は、ウィークリーノートに落ちついていますが、落ち着くまでには、デイリーやマンスリーなど、色んな種類を試していました。

この記事では、私が使ったことがあるモレスキン手帳を元にして

  • タイプ別モレスキン手帳の特徴と選び方
  • モレスキン手帳の活用法

について解説していきます。

来年の手帳選びに迷っている人の参考になれば嬉しいです。

あわせて読みたい記事

▼モレスキン手帳のレビュー記事はこちら!

モレスキンの手帳の感想&レビュー!10年愛用している私の使い方も紹介

タイプ別モレスキン手帳の特徴と選び方

生活スタイルによって、手帳選びは変わってきます。

また、逆説的ですが、どの手帳を選ぶかによって、生活スタイルを変えて行くこともできます。

まずは、自分の生活スタイルと時間軸の捉え方の関係から、モレスキン手帳のタイプ別の特徴を見ていきましょう。

デイリータイプの特徴

モレスキンの手帳で、私が使用したのは、1年分が1ヶ月づつ分冊(合計12冊)になっていて、中は1日1ページのタイプです。

P(ポケット)サイズのデイリータイプの手帳です。

分冊タイプは、1日1ページの筆記スペースがありながらも、コンパクトで携帯性に優れています。

※1年が1冊にまとまったタイプは厚みがあるので、少し重たくなります。

持ち歩くの一冊だけっていうのは結構良かったけど、使用当時の生活スタイルとは合わなかった

デイリータイプの特徴は、記録性に優れていることです。つまり、基本的な視点は過去に向かい、時間軸は今にフォーカスしています。

記録を残すということは、データをストックしていくことであり、ちょっとしたアイデア、食べたものや、出来事、心身の記録など、色々書き溜めることです。

ブログという名前も、そもそもは、ウェブログと呼ばれていましたが、デイリータイプは、極めてパーソナルなログです。

このタイプの手帳の使い方としておすすめなのは、長く書き溜めていくこと。アイデアの源、インスピレーションにつながるなどを期待できます。

そして、書く時のコツは、必ず毎日記録する項目を決めて書き留めます。例えば、天気、気温、起床時間と就寝時間など…

そして、それ以外の様々なことを書いていくのです。

このようなことが、ちょっとした変化の意味を考える際の、基準値のような役目を果たしてくれます。

2019年のデイリータイプが販売中です!

(サイズやカバーの種類はこちらをタップ!)

 

ウィークリータイプの特徴

モレスキンの手帳で、私が使用したのは、PサイズのウィークリーとLサイズのウィークリーノートです。

現在、使用しているのが、Lサイズのウィークリーノートで、マンスリーと組み合わせて使っています。

ウィークリーの特徴は、実務的、実践的であることです。

時間軸としては、近い未来で、まさに予定を管理することにフォーカスしています。

モレスキンのウィークリーは、1ページが一週間になっているタイプ。ウィークリーノートの方は、右ページのみ罫線になっています。

生活パターンが一週間単位の人って、比較的多いと思います。タスク管理に使うには、一番使いやすいと思います。

いわゆる、手帳=予定管理としてとらえる場合、ウィークリータイプが最適かと思います。

ウィークリーは、過去と未来をつなぐのに有効です。

私は、1日のスペースを2つに分けて、

  • 予定管理=近未来
  • インデックス=過去のデータを検索

として、使用しています。

その日が終わってから、1日のスペースに、その日の行動をメモしておくと、後から、過去の情報を調べたいときの、目次としての役割を果たしてくれるのです。

本棚に、過去の手帳を並べて、情報を取り出すために使っています。

ウィークリーで、システマチックに予定が組める人なら、スマホなどデジタルデバイスでスケジュール管理しても良いと思います。

私も以前、デジタルのみで管理していた期間がありますが、インターフェイスなどが変わると使いにくかったり、間違って消してしまった(泣)という経験もあり、本当にその場限りのちょっとした予定以外は、手帳を使って記録するようになりました。

ウィークリータイプも2019年のものが販売されています!

(サイズやカバーの種類はこちらをタップ!)

 

マンスリータイプの特徴

モレスキンの18ヶ月ウィークリーノートのLサイズ(別冊マンスリー付き)が、かなり好きで使っていたことがあります。

残念なことに、この手帳は、1〜6月の半年間分は、ないんですよねー。1月〜翌年6月とかあってもいいのに。

私が最後に使ったのは、2014年7月〜2015年12月までで、分冊でマンスリーが2014年7月〜2016年12月まで付いていました。

薄型のマンスリーが使いやすくて、気に入っていたのですが、これも商品としては、販売されていないみたいなんです。

マンスリータイプの特徴は、自分の予定をざっくりと把握するのに最適です。

ウィークリーよりも俯瞰できるので、少し、未来志向になります。

モレスキンのウィークリーノートには、マンスリーのページがついています。併せて使うと、スケジュール管理機能としては、充分かと思います。

2019年のマンスリータイプは見開きタイプが販売されています!

(サイズやカバーの種類はこちらをタップ!)

プロジェクトプランナー(年間計画タイプ)

1年間が、蛇腹になって繋がっているタイプで、Pサイズのプロジェクトプランナーを使いました。

長期間のプロジェクトを運営している人には、サブとしてあると良いでしょう。

18ヶ月のウィークリーノートには、HOLIDAY & EVENTの見開きページがあるので、ざっくりとした長期計画には、このページを代用することもできます。

年間計画タイプの特徴は、将来的なビジョンを持って人生を進めたい時に役立ちます。

時間軸としては、未来思考です。

プロジェクトプランナーを使うようになったら、大きな仕事が入ってきたという、話も聞いたことがあります。

私自身は、未来については計画を立てるというより、直感的に動いてしまうのと、あまり計画に縛られたくないという性分なせいか、プロジェクトプランナーは、使いこなせませんでした。

それから、実際プランナーに書きこむ時に、下敷きとなるはずの手帳の表紙から紙がはみ出てしまうのが、書きにくかったというのも、使いこなせなかった理由の一つかもしれません。

モレスキン手帳の活用法

今、紹介したように、それぞれの手帳には、どの時間軸にフォーカスするかという特徴があります。

人生=時間と捉えた時に、日常使う手帳とは、まさに人生の1ページが刻まれていると考えて良いはずです。

生き方は人それぞれであるように、時間の捉え方も人それぞれです。

そこで、各タイプの活用法と、組み合わせて活用する方法について紹介します。

  • デイリータイプ
    過去のデータ集積
  • ウィークリータイプ
    今にフォーカス、実務、スケジュール管理
  • マンスリータイプ
    スケジュール管理、ウィークリーより俯瞰
  • プロジェクトプランナー(年間計画タイプ)
    未来にフォーカス、長期計画、ビジョン、目的の実現

モレスキンの手帳は、各タイプの特徴をうまく活用することを前提に、計画的に手帳をデザインしているようです。

ウィークリーには、マンスリーのページがついていますし、デイリーの各月のあたまにもマンスリーのページがあります。

例えば、ウィークリーと同じサイズのモレスキンノートをセットで使うと、ノートをデイリーのような記録専用として使うことができ、デイリーを使うより、フレキシブルに記録を取ることができます。

また、デイリーをメインに使うと、必ず毎日、一定量のアウトプットすることを前提にして、アイデア出しをする習慣づけにもなり、創造力が鍛えられます。

プロジェクトプランナーをメインにすると、常に未来にフォーカスするので、日常の些細なことを気にしなくなるようになり、目的達成のための最低限のことを行うように、毎日が変化します。

このように、自分にとっての優先順位で手帳を選んだり、逆に手帳をしっかり使うことで、自分改革を行うのも良いですね。

おわりに

今回は、4つのタイプに分けて、モレスキン手帳の特徴と活用法を紹介しました。

モレスキン手帳は、デザインもシンプルで、自分が主役でいることができる手帳かと思います。

使ってみようかどうか迷っている人には、ぜひ、一度使ってもらいたいおすすめしたい手帳です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です