天皇陛下の即位を祝う国民祭典の申し込み方法・一般公募は?テレビ中継も調査!

こんにちは!タンゴです。

11月9日に「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が行われます。

祝賀式典で、嵐とピアニストの辻井伸行さんが、奉祝曲を披露するとの発表があり、関心が高まっているようですね!

この記事では、

  • 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の日程・スケジュールと内容
  • 天皇陛下の即位を祝う国民祭典の一般公募や申し込み方法
  • 天皇陛下の即位を祝う国民祭典のテレビ中継やライブ配信

についてまとめました。

天皇陛下の即位を祝う国民祭典に関心のある人の参考になれば嬉しいです。

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の日程・スケジュールと内容

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典は、天皇陛下の御即位を国民とともにお祝いする祭典で、奉祝まつりと祝賀式典の2部構成で行われます。

  • 名称:天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典
  • 日時:2019年11月9日(土)13時30分~18時40分
  • 会場:皇居外苑、内堀通り、皇居前広場(国民公園)
  • 参加者:合計約6万名

それぞれの内容とスケジュールを紹介します。

第1部・奉祝まつり

奉祝まつりは、内堀通り及び皇居外苑で、音楽隊や郷土芸能により祝賀パレードや、約24の団体による奉祝神輿が披露されます。

  • 時間:11月9日(土)13時30分~15時45分(予定)
  • 会場皇居外苑と内堀通り

祝賀パレード:音楽隊と郷土芸能

音楽隊:警視庁音楽隊、全日本鼓笛バンド・フォームバトン連盟、東京消防庁音楽隊

郷土芸能:奥州江刺百鹿大群舞(岩手)、盛岡さんさ踊り(岩手)、秋田竿灯(秋田) 高円寺阿波踊り(東京・徳島)、稚児舞(東京)、東金ばやし(千葉) 久喜の提灯祭り(埼玉)、能登キリコ(石川) しゃんしゃん傘踊り(鳥取)、母ヶ浦面浮立(佐賀)、沖縄エーサー(沖縄)など

※しばた台輪(新潟)、石岡のおまつり(茨城)など参加調整中

奉祝神輿渡御:都内と近隣の神社など約24団体

日枝神社山車・神輿 /神田神社山車・神輿 /大國魂神社神輿/赤坂氷川神社山車・神輿 /江東天祖神社神輿/浅草神社神輿 渋谷氷川神社神輿/八丈神社神輿など

第2部・祝賀式典

祝賀式典は、各界からの祝辞、奉祝演奏 、奉祝曲などにより構成されます。

皇居前広場に約3万名のイス席が用意され、入場には招待状が必要です。

参加希望者は、事前抽選申し込みが必要です。

  • 日時:11月9日(土)17時10分~18時40分
  • 会場:二重橋前特設舞台および皇居前広場
  • 総合演出:黛りんたろう
  • 司会:谷原章介・有働由美子
  • 奉祝曲:岡田惠和(作詞家)、菅野よう子(作曲)、辻井伸行(ピアノ)、嵐(歌唱)
  • 奉祝演奏:鬼太鼓座、三自衛隊合同音楽隊、マーク・エステル、大田楽

主なプログラム

  • オープニング:振れ太鼓(鬼太鼓座)
  • 開会宣言:古屋圭司奉祝議員連盟幹事長
  • 開会ファンファーレ
  • 両陛下にゆかりある奉祝演奏1
  • 各界からの御即位のお祝いメッセージ
  • 両陛下にゆかりある奉祝演奏2
  • 天皇皇后両陛下のお出まし(二重橋)
  • 主催者より祝辞:三村明夫奉祝委員会会長
  • 内閣総理大臣祝辞:安倍晋三
  • 御即位奉祝曲の演奏奉呈
  • 国歌斉唱
  • 天皇陛下のお言葉
  • 万歳三唱:伊吹文明奉祝議員連盟会長
  • 天皇皇后両陛下ご退出
  • 閉会宣言

現在、決定されている各界からのお祝いメッセージ:松本白鸚、芦田愛菜、他、芸能界、スポーツ界、文化芸術界

奉祝曲は天皇陛下の研究テーマの「水」。

嵐が歌うということで、かなり話題になっていますが、プログラムによると後半ですので、出演は18時頃ではないかと予想されます。

天皇陛下の即位を祝う国民祭典の一般公募や申し込み方法

第一部の奉祝まつりは、自由に参観できるとのことです。

第二部の祝賀式典は、招待客と抽選による当選者のみ入場可能で、一般公募は約1万人の狭き門です。

応募要項は次の通りです。

一般公募ご招待人数:約1万人(無料)

応募期間:2019年9月24日(火)13:00 ~ 10月2日(水)23:59まで

応募方法:ホームページからのみ受付(応募フォームはこちらです)/事前に応募規約をよくお読みください

公式ホームページ:https://www.houshuku.org/entry/

当選発表:10月17日(木)※当選者へ通知

※当日の受付方法や、参加者注意事項など詳細は、当選者に通知します。
※式典当日はご本人様確認のため、身分証明書が必要です。

応募は、一人1回まで、同伴者は1名までですので、応募規約をよく読んで応募してください!

天皇陛下の即位を祝う国民祭典のテレビ中継やライブ配信

現時点では、テレビ中継やライブ配信の予定は、発表になっていません。

しかし、これと似たイベントといえば、2019年2月24日に行われた「天皇陛下御在位三十年記念式典」です。

この式典は、地上波テレビ中継はNHK、インターネットのライブ配信は、「政府インターネットテレビ」で行われました。

今回の式典も、中継されるとしたら、NHKと政府インターネットテレビの可能性が濃厚です。

わかり次第追記していきます。

おわりに

この記事では、天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が、11月9日(土)に行われること。

そして、第一部の奉祝まつりは、自由に見ることができ、第二部の祝賀式典は、一般公募が抽選で約1万人を無料招待することがわかりました。

応募期間は10月2日まで、インターネットからの申し込みです。

未発表ですが、テレビ中継やライブ配信は、おそらくあるのではないかと予想します。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です