池江璃花子選手の骨髄バンクドナー登録方法や募金サイトは?移植手術で完治の可能性は?

池江璃花子(いけえりかこ)選手の白血病公表を受けて、各界の著名人たちから激励の声が続々と届けられています。

国民全員が、とにかく池江璃花子選手を助けたい!という思いにあふれています。

病状は、まだはっきりわかっていませんが、治療方法の一つとして、骨髄移植手術がよく知られていますね。

そこで、この記事では、

  • 日本骨髄バンクのドナー登録方法や募金の方法
  • 池江璃花子(いけえりかこ)選手が移植手術で完治する可能性

についてまとめました。

日本骨髄バンクのドナー登録方法や募金の方法

公益社団法人日本骨髄バンクは、池江選手が白血病を公表したことを受け、骨髄バンクに関するたくさんの問い合わせを受けていると、ツイッターを通して報告しました。

一時は、日本骨髄バンクの公式サイトがダウンするというアクシデントも!

日本骨髄バンクはツイッター上で、まだまだドナーは足りていないという情報を発信しています。

ドナー登録の方法

1.登録のしおりを読みます

まず、日本骨髄バンクのスペシャルサイトから、登録するには?のメニューを選び、登録のしおり「チャンス」を読みます。

・登録についての資料請求はこちらです。

登録のしおりは、Web版と冊子版がありますので、資料請求のボタンから、いずれかを選びます。

Web版の推奨環境は、Mozilla Firefox 25、Google Chrome 31、Internet Explorer 9.10です。

※IEは、先日、開発元のマイクロソフト社が、使用にリスクがあるため、使用しないよう呼びかけたばかりですので、他のブラウザを使いましょう!

冊子を選んだ場合は、郵送で送られます。

内容を理解できるまで、しっかり資料を読んでください。

スペシャルサイトには、骨髄バンクについて、漫画でわかりやすく説明しているので、あわせて確認したいですね。

2.登録申込書を記入します

登録申込書は、PDFで出力するか、冊子版資料の最後に添付されている用紙を使います。

3.登録窓口で登録申込書を提出し、採血をします(所要時間は約20分)

全国の登録窓口や、全国各地でのドナー登録会、移動献血会場などでも、申し込みができます。

登録窓口の申し込みは、次のステップを行います。

  1. 登録窓口・ドナー登録会に登録申込書を提出する
  2. 説明を受け、申し込み手続きをする
  3. 2mlの採血をします

4.登録完了

登録が完了すると、日本赤十字社からドナー登録確認書が送付されてきます。

患者さんに適合すると、通知が届きます。

ドナー登録に際しての資料請求・問い合わせ専用電話番号

tel: 03-5280-1789

募金の方法

骨髄バンクドナー登録以外の支援の方法として、寄付金という方法もあります。

ドナー登録できる条件に合わないとか、ドナー登録は、気が進まないなどという人でも、支援できる方法ですので、紹介したいと思います。

特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会での募金の方法を掲載します。

いくつかの方法があるので、自分に合った方法で協力することができます。

賛助会員になる(年度単位:4月から翌年3月末)

  • 特別賛助会員(法人・団体・個人)一口:10万円
  • 一般賛助会員(法人・団体・個人)一口:1万円
  • サポート会員(個人)一口:3000円

使用目的別の寄付金送付

白血病患者支援基金、佐藤きち子記念「造血細胞移植患者支援基金」、志村大輔基金などがあります。

寄付金の使途によって、銀行、郵便振替、クレジットカードなど支払い方法が異なります。

白血病患者支援基金の募金箱

直接、募金するだけでなく、店頭や事務所などに募金箱の設置をするかたちで、募金活動に協力することができます。

切手・ハガキ・テレホンカードなど

いらなくなってしまった切手、はがき、テレホンカードなどで寄付することができます。(未使用のみ)

オンライン募金

次の3通りの方法があります。

  • 携帯電話料金と一緒に寄付
  • Tポイントカードで寄付
  • クレジットカードで寄付
寄付金・募金に関する問い合わせ先

特定非営利活動法人全国骨髄バンク推進連絡協議会

101-0031 東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル3階

tel: 03-5823-6360

fax: 03-5823-6365

eMail: office※marrow.or.jp(※を@に変えてメール送信ください。)

池江璃花子(いけえりかこ)選手が移植手術で完治する可能性

池江選手の白血病の病状は、現時点では、はっきりとした発表がされていないので、治療方法についてもはっきりはわかりません。

白血病は、近年になって治療法が進歩しているそうで、専門家の話によると、急性か慢性かなどの種類によって、治療方法が大きく異なるようです。

白血病の種類は大きく分けると、次のような図になります。

急性白血病 急性骨髄性白血病
急性リンパ性白血病
慢性白血病  慢性骨髄性白血病
 慢性リンパ性白血病

病状がわかり次第、予想をしてみたいと思います。

おわりに

2月12日に、突然の白血病を公表した池江選手。

2月8日に、体調不良でオーストラリアから帰国したことで、心配されていましたが、検査を受けた結果、白血病であることが明らかになりました。

池江選手は、検査後から入院しており、今は、病院で過ごしているそうです。

なにはともあれ、早く元気になって戻ってきてくれるようお祈りしています!

2 件のコメント

  • 池江りかこさんへ
    ガン細胞は、少し以前の医学で、楽観主義の人と悲観主義の人とでは、圧倒的に、楽観主義の人の方が治り安いとの実験結果を聞いた事があります。
    今を苦しいかもしれませんが、楽しんでください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です