【4月こと座流星群2019】見頃の時間帯とピーク時間はいつ?位置と方角(方位)も解説!

こんにちは!タンゴです。

しぶんぎ座流星群以来の主要な流星群の4月こと座流星群の時期が近づいてきました。

電波観測でも眼視観測でも観測することができる流星群ですが、今年は、観測条件があまり良くないようです。

この記事では、

  • 4月こと座流星群2019の見頃の時間帯とピークタイム
  • 4月こと座流星群2019の見える方角と位置

について解説します。

条件が良くない中で観測するポイントをまとめましたので、参考にしてください。

4月こと座流星群2019の見頃の時間帯とピークタイム

4月こと座流星群は、通常の年は、それほど流星数が多くないのですが、ときおり突発的に流星の数が増大したり、ひときわ明るい「火球」と呼ばれる流星が出現するという特徴があります。

以前は、「こと座流星群」と呼ばれていましたが、国際天文学連合により、正式名称が「4月こと座流星群」に変更されました。

今年は、4月23日9時ごろが極大となります。

国立天文台の情報によると、こと座にある放射点が空高く昇る4月22日午後11時頃から翌朝までがおすすめの観察時間帯ということです。

極大となる時間が、夜明け後となるうえ、月明かりの影響*など条件が悪く、観測できる流れ星は、見晴らしがよいところでも1時間あたり5個程度、視界の開けていないところではほとんど見えない可能性もあります。

*2019年4月23日は、月齢17です。

4月こと座流星群は、1861年に出現し、太陽の回りを約400年の周期で公転するサッチャー彗星を母天体とするものです。

国内では1945年に1時間あたり約90個の記録があり、海外では1922年、1946年、1982年などに流星数の増加が観測されています。

4月こと座流星群2019の見える方角と位置

では、実際に、4月こと座流星群の見える方向と位置を確認しましょう。

4月23日午前2時ごろ、こと座(Lyra)は、東の空にあがります。

4月23日2時ごろ、こと座は東の空に見えます

観測の際の、流星の出現位置という意味ではどこでも構わないのですが、月をできる限り避けるのが良いでしょう。

春とはいえ、夜はまだ冷えるので、防寒対策を忘れずに。

観測条件があまり良くないので、比較的空が暗く、住んでいるような条件の良い場所にいるチャンスに恵まれたら、少し空を眺めて観るのも良いでしょう。

こと座流星群の記録は、流星群の記録としてはかなり古く、最初の記録は今から2000年以上も前の中国で記録されています。

以前は活発に活動をしていたという記録があるようですが、ここ数年の間では、あまり活発な目立った活動の記録はなく、活動時間も1時間程度とごく短いようです。

おわりに

4月こと座流星群2019の観測のポイントを解説しました。

  • 観測時間は、4月23日深夜(0時から5時頃)
  • 観測方向は、月明かりをさける
  • 観測に向いた場所は、空が澄んだ暗い場所

を目安に観測するのがおすすめです。

最後まで。お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です