ペルセウス座流星群2019見頃の時間帯とピーク時間はいつ?位置と方角(方向)も解説!

こんにちは!タンゴです。

三大流星群の一つで夏休みに観測できる流星群のペルセウス座流星群。

どんなに星に興味がなくても、一度くらいは名前を聞いたことがある有名な流星群です。

今年は、残念ながら日本での観測条件はあまりよくありません。

しかし、夏は夜が気持ち良い季節ですので、ぜひ夜空の流れ星を探してみませんか?

この記事では、

  • ペルセウス座流星群2019の見頃の時間帯とピークタイム
  • ペルセウス座流星群2019の見える方向と位置

について解説します。

夏の星空観測の参考にされてみてください!

ペルセウス座流星群2019の見頃の時間帯とピークタイム

ペルセウス座流星群は、7月中旬頃から8月下旬ごろに活動し、極大頃には1時間あたり30個から60個の流星が出現するためもっとも観測しやすいと言われる流星群です。

流れる速度が速くて明るいく、流星痕が残ることも多いことから、比較的空が明るくても観測しやすいのも特徴です。

しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群と呼ばれ、観測の記録も紀元前から始まり、少なくとも2000年近くは継続して観測されてい歴史ある流星群です。

今年のペルセウス座流星群の活動期間は、7月17日~8月24日です。

ピーク時刻(極大)は、日本時間で8月13日16時で、前後1日は流星の観測をすることができるでしょう。

しかし、ピーク時刻が夕方であることと、ほぼ満月(月齢12)で、月明かりに邪魔されるため、観測条件はあまりよくありません。

実際に見えるのは、1時間に10個程度と予想されています。

明るい流星が多く出現するので、月明かりを避ける工夫をして観測すると良いでしょう。

観測におすすめの時間帯は、8月11日から8月14日までの0:00~夜明けです。

国立天文台では、8月12日がもっとも多くの流星が出現されると予想をしています。

夏休みの自由研究課題として、各地で観測会などのイベントもあるので、参加してみるのも良いでしょう!

観測時期が、夏休みと重なり、自由研究課題になることも多いので、子どもの頃に、実際に、観測をしとことがある人も多いのではないでしょうか。

ぺルセウス座流星群2019の見える方角と位置

流星の出現位置という意味では、どの方向を見ても構いませんが、月が直接視界に入らない方向を選んで観測するのがポイントです。

0時前は西側、それ以降は東側を、一晩を通して観測する場合は、北側の空をぼんやりと眺めるのが良いでしょう。

13日の月の出(東京)は18時、南東から南側の低い位置を通って、14日の3時23分南西沈みます。

14日の日の出時刻は、4時59分前、空が白み始める前までが、月明かりを避けて観測するのにもっとも適した時間帯です。

輻射点は、北東の方向で、午後9時から10時頃以降明け方まで、観測しやすい高い位置に上がります。

このように、月明かりが気になる観測条件のもとでは特に、15分間くらい暗い場所を眺めて目を慣らすこと。

そして、時間に余裕をとってじっくり観測するのがおすすめです。

おわりに

ペルセウス座流星群の観測のポイントを解説しました。

  • 観測条件は、ピーク時間が夕方、月明かりに邪魔されることであまり良くない
  • 観測時間は、8月12日午前0時から夜明け(前後数日間も)
  • 観測方向は、輻射点は北東、月明かりに邪魔されない北西を眺める

ということがわかりました。

今年は、月明かりに邪魔され、観測条件があまり良くないとはいえ、ペルセウス座流星群ならではの明るい流星の出現に期待したいですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です