箱根駅伝予選会2020コースと日程・交通規制の場所は?駐車場や観戦場所も!

こんにちは!タンゴです。

お正月の風物詩でもある、箱根駅伝の出場チームを決める、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会2020)が、10月26日に行われます。

全43チームが箱根駅伝への出場権を巡って争う、大注目の予選会です。

実際に観戦に行きたいという人も多いのではないでしょうか。

また、コース周辺では、交通規制も行われるので、近隣に出かける人は、その辺りも気になりますね。

この記事では、

  • 箱根駅伝予選会2020の日程とコース
  • 箱根駅伝予選会2020の観戦場所や周辺駐車場
  • 箱根駅伝予選会2020の交通規制エリア

についてまとめました。

箱根駅伝予選会2020を楽しみたい人や周辺にお出かけする人の参考になれば嬉しいです。

箱根駅伝予選会2020の日程とコース

箱根駅伝予選会2020の日程

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会2020)

  • 日時:2019年10月26日(土)午前9時35分スタート
  • 出場チーム:43チーム

※予選会はスタートから1時間24分で終了します。

箱根駅伝予選会2020のコース

箱根駅伝予選会2020は、東京都立川市で行われます。

陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園のコースを、21.0975㎞(ハーフマラソン)で、43チーム(各12人)が、一斉に走ります。

引用:国営昭和記念公園公式サイト

スタート:陸上自衛隊立川駐屯地内滑走路(0〜8.2km)

各チームが縦1列となってスタートします。

滑走路を3周し、市街地へ出て行きます。

立川市街地コース:立川警察署前→昭和記念公園砂川口(8.2km~13.8km)

昭和記念公園立川口を出て、多摩モノレールの立川北駅前から泉体育館駅沿いを通過し、幸町一丁目を左折、すずかけ通りに入ります。

砂川口より、昭和記念公園へと入って行きます。

昭和記念公園コース:昭和記念公園砂川口→フィニッシュ地点(13.8km~21.0975km)

アップダウンが激しく、道幅も狭いコースを走ります。

公園を外周し、多摩川上水口から、園内に設置されたフィニッシュ地点の中央管理棟前へと向かいます。

箱根駅伝予選会2020の観戦場所や周辺駐車場

箱根駅伝予選会2020を観戦できる場所は、

  • 陸上自衛隊立川駐屯地内
  • 立川市街地沿道
  • 昭和記念公園内

になります。

陸上自衛隊立川駐屯地内での観戦

陸上自衛隊立川駐屯地での観戦は、スタートから10時頃までです。

10時20分に通用門を規制するので、国営昭和記念公園内でも観戦したい場合は、早めに移動するようにしましょう。

通用門の規制解除は、全選手通過後 (10時40分頃)となります。

陸上自衛隊立川駐屯地へのアクセス

  • JR立川駅北口から徒歩20分
  • 多摩モノレール立川北駅から徒歩20分
  • 立川バス立川警察署から徒歩2分

立川市街地での観戦

市街地では、沿道で観戦することができますが、必ず歩道で観戦してください。

自動車、自動二輪車、自転車等の車両からの応援はできません。

市街地のコースは、次の通りになります。

立川警察署前→昭和記念公園立川口前→あけぼの口→立川北駅→たちかわ中央公園→高松駅(高松駅南)→立飛駅→東大通→泉体育館前駅→幸町一丁目→すずかけ通→砂川五差路→砂川支所南→大山団地東(昭和記念公園砂川口)

観戦の目安としては、10時頃から10時半頃までです。

国営昭和記念公園内での観戦

昭和記念公園内では、動植物を保護しているので、決められた通路内での観戦になります。

開園時間
【立川口・西立川口・砂川口】午前7時半開門
【玉川上水口・昭島口】午前9時半開門

入園料(一般)
大人(15歳以上):450円
小・中学生:無料
65歳以上:210円

昭和記念公園へのアクセス

  • 【立川口】JR中央線立川駅から徒歩15分
  • 【西立川口】JR青梅線西立川駅から徒歩2分
  • 【砂川口】西武拝島線武蔵砂川駅から徒歩20分
  • 【玉川上水口】西武拝島線武蔵砂川駅から徒歩25分
  • 【昭島口】 JR青梅線東中神駅から徒歩10分

コース周辺の駐車場・駐輪場

昭和記念公園に併設の駐車場・駐輪場がありますので、まずはそちらをチェックしましょう。

各ゲートの外に、臨時駐輪場を設けていますので、自転車は、駐輪場に停めてください。

開園時間~13時は、園内の自転車でのサイクリングコース利用ができません。

なお、駐車場の収容台数と駐車料金は、次の通りです。

立川口
普通車:1,755台
原付・自動二輪車:70台

西立川口
普通車:345台
原付・自動二輪車:40台

砂川口
普通車:431台
原付・自動二輪車:18台


駐車料金
普通車:840円
原付・自動二輪車:260円

▼こちらで、駐車スペースの最新情報が確認できます。

昭和記念公園駐車場混雑状況

箱根駅伝予選会2020は、人気のイベントですので、駐車場が満車になってしまう可能性も大ありです。

そんな時のために、駐車場を事前予約できるakippaというサービスがあります。

akippaは、メールアドレスだけで無料で会員登録できるサービスで、スマホのアプリから、簡単に駐車場を探すことができます。

お支払いは、駐車場を予約するときに、クレジットカードか、携帯電話と一緒に行いますので、まずは無料の会員登録をしておくと安心ですよ。

→今すぐakippaに無料登録する


箱根駅伝予選会2020の交通規制エリア

箱根駅伝予選会2020の交通規制は、次の通りとなっています。

交通規制時間
10月26日(土)9:35〜10:35

規制区間
立川警察署前→立川北駅→たちかわ中央公園→立飛駅→幸町一丁目→砂川五差路→昭和記念公園砂川口

各地点の交通規制目安

  1. 立川警察署前(8.1km地点):9:58〜10:02
  2. 立川北駅(9.0km地点):10:00〜10:05
  3. たちかわ中央公園(10.0km地点):10:03〜10:09
  4. 立飛駅(11.0km地点):10:06〜10:13
  5. 幸町一丁目(12.0km地点):10:10〜10:17
  6. 砂川五差路(13.0km地点):10:13〜10:21
  7. 昭和記念公園砂川口(14.0km地点):10:16〜10:24

詳細は、下記の地図をご参照ください。

引用:第96回箱根駅伝予選会 – 交通規制マップ

おわりに

この記事では、箱根駅伝予選会2020のコース周辺の観戦場所、駐車場、交通規制エリアについてまとめました。

  • 箱根駅伝予選会2020は、10月26日(土)9時35分スタート(1時間24分)
  • コースは、陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園で、それぞれのエリアで観戦可能
  • 昭和記念公園には併設の駐車場と臨時駐輪場が設けられ、コース周辺では9:35〜10:35の間、交通規制が行われる

ということがわかりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です