【ファンタビ】クリーデンスは何者で正体は誰?ダンブルドアとの関係も解説!

こんにちは!タンゴです。

2018年11月公開のファンタビーストシリーズ第二作目「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」では、ハリポタにも繋がりそうな聞いたことがある名前や場所など、色々と登場しています。

そこで、ちょっとした疑問や気になるネタについて、まとめてみたいと思います。

※ネタバレも含まれているので、ご注意ください!

この記事では、

  • クリーデンスとは誰か
  • クリーデンスとダンブルドアは関係があるのか

について解説していきます。

クリーデンスとは誰か

作品の中では、クリーデンス・ベアボーン(Credence Barebone)という名で登場し、アメリカ人の俳優エズラ・ミラー(Ezra Matthew Miller)が演じています。

エズラ・ミラーは、1992年9月30日生まれで、現在27歳ですね。

クリーデンス役では、前髪パッツンの暗いイメージでしたが、このGQの表紙、雰囲気全然違う!!

【ファンタビ1】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の中でのクリーデンス

ファンタビ1では、オブスキュラスを宿す少年(青年?)として、登場しました。

いかにも気弱で、不幸を背負った暗い影のある人物です。

それもそのはず、幼い頃に母を亡くして、メアリー・ルー・ベアボーンに引き取られ養子として育てられますが、養母であるメアリーは、反魔法族のノーマジ組織「新セーレム救世軍」の指導者で、クリーデンスを虐待します。

他の家族は、姉のチャスティティと妹のモデスティで、3人とも養子です。

チャスティティは、メアリー同様、魔女を根絶する運動に積極的ですが、妹のモデスティは、クリーデンスが虐待される様子を見て、母親に服従するふりをしています。

激しい虐待の末、クリーデンスは、オブスキュラスを宿すことになりますが、それが明かされるのは、物語の最後です。

クリーデンスに対するメアリーの虐待を放っておけない闇祓いのティナは、虐待を制止しようとして、メアリーの前で魔法を使ってしまい、闇祓いの職を解かれることになってしまいます。

そして、このオブスキュラスの破壊力に目をつけたのは、当時、最強と言われた闇の魔法使いグリンデルバルドです。

アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の闇祓いパーシバル・グレイブスの姿で、クリーデンスに近づきます。

グリンデルバルドは、モデスティをオブスキュリアルと睨み、クリーデンスに捜査に協力をさせようとしますが、思うように動かないクリーデンスにしびれを切らします。

これをきっかけに、クリーデンスのオブスキュラスが暴走し始め、最後は、MACUSAの闇祓いたちによって攻撃をされ、粉々に砕け散ってしまいます。

ここで、クリーデンスは死んだと思われるのですが。

【ファンタビ2】ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生でのクリーデンス

ファンタビ2で、クリーデンスが生きていたということが、わかります。

一作目とは、かなり雰囲気変えてきましたねー!

二作目では、クリーデンスが、遥か彼方ヨーロッパの地で、サーカス団の一員として、生活をしていることがわかります。

クリーデンスが生きているという情報を掴んだティナは、彼を追ってパリにやってきます。

クリーデンスは、自分の生い立ちを辿って、海を渡りヨーロッパへ。

そして、ともに行動する神秘的な雰囲気の女性の名前はナギニ。

ナギニと言えば、ハリーポッターシリーズで、ヴォルデモードとともにいた大蛇ですね。

関連性が気になります。

ファンタビ2の舞台は、パリです。

アメリカで捕らえられていたグリンデルバルドは、ヨーロッパ移送の際に、脱出に成功。

パリへと向かいます。

ルーツをたどるクリーデンスですが、アメリカ行きの船に乗るリタ・レストレンジの弟だという情報が見つかります。

リタ・レストレンジは、ホグワーツでニュートと同級生であり、現在はニュートの兄の婚約者となっています。

そして、レストレンジ家と言えば、ヴァルデモードの一番弟子とも言える、死喰い人ベラトリックス・レストレンジと同姓です。

なんだか、魔法界って王室みたいに狭そうなイメージです。

しかし、この話は事実ではないことが、判明するのです。

クリーデンスとダンブルドアは関係があるのか

さらに、ファンタビ2では、懐かしのホグワーツや、そして、ダンブルドアが再び登場します。

懐かしいと言っても、時代的には、ハリポタより前の時代です。

アルバス・ダンブルドアとグリンデルバルドの関係が、少しづつ語られますが、二人は、過去に血の契約を交わしており、この契約は互いに、直接攻撃することができないという契約なのです。

この辺りも、なんで?って感じで気になりますね!

そこで、ダンブルドアはニュートを、グリンデルバルドはクリーデンスを、それぞれ自分の代理として戦わせようと画策します。

監督同士の対決みたいですねー。

グリンデルバルドは、パリで集会を開き、得意の話術で、信望者を集めます。

オブスキュラスを宿すクリーデンスを味方につけるには、クリーデンスが自ら、やって来る必要があると考えます。

彼が知りたがっている彼のルーツを餌に、クリーデンスを誘惑するのです。

それに、もしオブスキュラスが暴れ出したら、グリンデルバルドも手に負えないでしょう!

信望者として自らグリンデルバルトの元に来た、クリーデンスの本当の名は、アウレリウス・ダンブルドアであると告げます。

そして、ダンブルドア一族の証拠でもある不死鳥が、ピンチになると現れることを見せます。

おわりに

ファンタビ2では、クリーデンスが、ダンブルドアの一族であるとほのめかす内容で話が終わります。

では、アルバス・ダンブルドアとの関係性はどうなっているのでしょうか?

これについては、別の記事で書いていきたいと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です