ブラッドリー・クランのwiki経歴は?戦歴と実力・全米オープン錦織圭戦の見どころも!

こんにちは!タンゴです。

全米オープンテニス2019年で、男子シングルス錦織圭選手の第二回戦対戦相手が、ブラッドリー・クラン選手に決まりました。

錦織選手との対戦は初めてですので、どんな選手か気になる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、

  • ブラッドリー・クランのwiki経歴
  • ブラッドリー・クランの戦歴と実力

についてまとめました。

全米オープンテニス2019観戦の参考になれば嬉しいです!

ブラッドリー・クランのwiki経歴

錦織圭選手の2回戦の対戦相手のブラッドリー・クラン(Bradley Klahn)選手について、まとめていきます。

まず、写真と経歴から紹介していきます。

ウェアとシューズは、MIZUNOですね。

氏名:ブラッドリー・クラン(Bradley Klahn)

生年月日:1990年8月20日

出身:アメリカ合衆国・カリフォルニア州ポーウェイ

身長:183cm

体重:75kg

利き手:左

バックハンド:両手

大学:スタンフォード大学

家族:両親、妹、弟

ブラッドリー・クランは、アイオワ大学でテニスをしていた母親の影響で、11歳でテニスを始めます。

大学テニスを経て、2012年にプロに転向します。

個人的には、ゴルフやバスケットボールチームのサポーターもしていて、全般的に好きなようです。

ブラッドリー・クランの戦歴と実力

クランは、ジュニア時代から活躍しています。

カリフォルニア出身で、強いライバルたちの中で、しっかり経験を積んできているようですね!

2008年にUSTAボーイズのトップ18で1位を獲得。

2010年、スタンフォード大学2年の時にNCAA選手権で優勝(男子シングルス)。

ジュニアとして、全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープンでは第3ラウンドに達し、国際テニス連盟のランキング14位になりました。

2011年には、NCAA選手権で、男子ダブルスファイナリストとなり、その後、2012年にプロに転向します。

プロ転向後、全米オープンにワイルドカードで出場を果たし、いきなり1回戦を突破します。

2013年には、男子シングルスで世界ランキング97位、2014年には63位まで順調に登り詰めていきます。

しかし、2015年2月に背中に大怪我を負い、2度の手術を受けることになり、ツアーを離脱、ランキング圏外へ落ちてしまいます。

一時は引退も考え、スタンフォードの男子テニスチームのボランティアコーチを務めるなどしていましたが、2016年11月に復帰します。

855位から再スタートを切り、徐々に順位を上げて、2018年8月20日(28歳の誕生日ですね!)に、95位と100位圏内に返り咲きします。

2018年は、ATPワールドツアーマスターズ1000、グランドスラムへの出場を果たし、旋回ランキングも100位以内をキープ、ウィンブルドンの2回戦へと進出します。

クランの、現在の世界ランキングは、男子シングルスで108位、男子ダブルスで352位です。

全米オープン2019錦織圭vsクラン戦の日程と見どころは?

全米オープンテニス2019の日程は、8月26日(月)~9月9日(月)です。

第2回戦で対戦します。

ブラッドリー・クラン(Bradley Klahn)対 錦織圭(Kei Nishikori)

  • 日時:8月29日(木)深夜0時(日本時間)〜
  • 場所:ルイ・アームストロング・スタジアム

クランの現在の世界ランキングは108位で、同年代の錦織と比較すると、格下の印象ですが、大怪我からここまで立ち上がってきたというのは、相当の精神力が感じられます。

全米オープンでは、地元の多くの声援を受け、盛り上がるに違いありません。

場の空気が試合に与える影響、そして、再起をかけるクランが錦織にどのように挑んでくるかが、見どころの一つではないでしょうか。

おわりに

この記事では、

ブラッドリー・クラン選手について、

  • 全米オープンで2019の2回戦で錦織圭と初対戦(日本時間8月29日0時から)
  • 大怪我から再起をかける戦いと地元サポーターのつくる雰囲気に注目
  • 世界ランクは最高で63位、現在は108位

ということがわかりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です