MGC(マラソン)男子女子出場選手は?東京オリンピック日本代表選考の結果も!

こんにちは!タンゴです。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)男子女子出場選手は?東京オリンピック2020の日本代表選考の結果も!

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が、2019年9月15日に東京都区内にて行われます。

東京オリンピック2020の日本代表選手が決定する大会ですので、注目が集まっていますね。

この記事では、

  • MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)男子出場選手
  • MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)女子出場選手
  • 東京オリンピック2020日本代表選手の選考基準と結果

についてまとめました。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)や東京オリンピック2020の観戦を楽しむ際の参考になれば嬉しいです。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)開催概要とコースルート

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は、次の日程で開催されます。

【大会名】

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)

  • 兼 東京2020オリンピック日本代表選考競技会
  • 兼 第103回日本陸上競技選手権大会

【開催日時】

  • 9月15日(日)午前8時50分(男子マラソンスタート)
  • 9月15日(日)午前9時10分(女子マラソンスタート)

【スタート/フィニッシュ地点】

明治神宮外苑(日本陸上競技連盟公認コース)

【コース】

明治神宮外苑いちょう並木~四ツ谷~水道橋〜神保町〜神田~日本橋~浅草雷門~銀座~新橋~芝公園~日本橋~神保町~二重橋前〜明治神宮外苑いちょう並木

出典:JAAF

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)男子出場選手

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の男子出場選手31名を紹介します。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の男子出場権獲得者は、合計34名ですが、川内優輝、二岡康平、山岸宏貴の3名は、世界陸上ドーハ大会男子マラソン日本代表選出のため、MGC出場権を辞退しました。

氏名(所属)
生年月日/身長/体重/自己ベスト/大会名(樹立日)

次の順に掲載しています。

  1. 村澤 明伸(日清食品グループ)
    1991年3月28日/167cm/54kg/2.09.47/東京(2018年2月25日)
  2. 大迫 傑(Nike)
    1991年5月23日/170cm/52kg/2.05.50/シカゴ(2018年10月7日)
  3. 上門大祐(大塚製薬)
    1993年12月11日/176cm/59kg/2.09.27/福岡(2017年12月3日)
  4. 竹ノ内 佳樹(NTT西日本)
    1992年5月25日/176cm/57kg/2.19.01/福岡(2017年12月3日)
  5. 園田 隼(黒崎播磨)
    1989年4月5日/166cm/50kg/2.09.34/別府大分(2018年2月4日)
  6. 設楽 悠太(Honda)
    1991年12月18日/174cm/48kg/2.06.11/東京(2018年2月25日)
  7. 井上 大仁(MHPS)
    1993年1月6日/165cm/51kg/2.06.54/東京(2018年2月25日)
  8. 木滑 良(MHPS)
    1991年1月22日/168cm/54kg/2.08.08/東京(2018年2月25日)
  9. 宮脇 千博(トヨタ自動車)
    1991年8月28日/176cm/57kg/2.08.45/東京(2018年2月25日)
  10. 山本 憲二(マツダ)
    1989年11月17日/165cm/53kg/2.08.42/びわ湖(2019年3月10日)
  11. 佐藤 悠基(日清食品グループ)
    1986年11月26日/179cm/60kg/2.08.58/東京(2018年2月25日)
  12. 中村 匠吾(富士通)
    1992年9月16日/172cm/55kg/2.08.16/ベルリン(2018年9月16日)
  13. 岡本 直己(中国電力)
    1984年5月26日/176cm/56kg/2.11.29/北海道(2018年8月26日)
  14. 谷川 智浩(コニカミノルタ)
    1989年3月4日/161cm/46kg/2.11.39/長野(2015年4月19日)
  15. 大塚 祥平(九電工)
    1994年8月13日/170cm/55kg/2.10.12/別府大分(2018年2月4日)
  16. 中村 健太郎(安川電機)
    1982年12月7日/173cm/55kg/2.08.35/別府大分(2013年2月3日)
  17. 藤本 拓(トヨタ自動車)
    1989年9月11日/166cm/54kg/2.07.57/シカゴ(2018年10月7日)
  18. 服部 勇馬(トヨタ自動車)
    1993年11月13日/176cm/63kg/2.07.27/福岡(2018年12月2日)
  19. 福田 穰(西鉄)
    1990年12月31日/166cm/51kg/2.09.52/ゴールドコースト(2018年7月1日)
  20. 橋本 崚(GMOアスリーツ)
    1993年9月26日/170cm/54kg/2.09.29/別府大分(2019年2月3日)
  21. 岩田 勇治(MHPS)
    1987年7月9日/170cm/54kg/2.09.30/別府大分(2019年2月3日)
  22. 堀尾 謙介(トヨタ自動車)
    1996年8月12日/183cm/61kg/2.10.21/東京(2019年3月3日)
  23. 今井 正人(トヨタ自動車九州)
    1984年4月2日/169cm/56kg/2.07.39/東京(2015年2月22日)
  24. 藤川 拓也(中国電力)
    1992年12月17日/163cm/56kg/2.07.39/東京(2019年3月3日)
  25. 神野 大地(セルソース)
    1993年9月13日/165cm/46kg/2.10.18/東京(2018年2月25日)
  26. 山本 浩之(コニカミノルタ)
    1986年4月30日/172cm/54kg/2.09.12/東京(2017年2月26日)
  27. 河合 代二(トーエネック)
    1991年9月22日/517cm/54kg/2.10.50/びわ湖(2019年3月10日)
  28. 高久 龍(ヤクルト)
    1993年2月18日/168cm/54kg/2.10.02/ハンブルグ(2019年4月28日)
  29. 荻野 皓平(富士通)
    1989年12月8日/174cm/58kg/2.09.36/東京(2018年2月25日)
  30. 一色 恭志(GMOアスリーツ)
    1994年6月5日/169cm/55kg/2.09.43/東京(2018年2月25日)
    故障明け後レースに向けて取り組んできたが、最終調整の現状を見て欠場
  31. 鈴木 健吾(富士通)
    1995年6月11日/163cm/47kg/2.10.21/東京(2018年2月25日)

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)女子出場選手

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の女子出場選手12名を紹介します。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の男子出場権獲得者は、合計15名ですが、谷本観月、池満綾乃、中野円花の3名は、世界陸上ドーハ大会女子マラソン日本代表選出のため、MGC出場権を辞退しました。

氏名(所属)
生年月日/身長/体重/自己ベスト/大会名(樹立日)

次の順に掲載しています。

  1. 前田 穂南(天満屋)
    1996年7月17日/166cm/46kg/2.23.48/大阪国際女子(2018年1月28日)
  2. 松田 瑞生(ダイハツ)
    1995年5月31日/158cm/46kg/2.22.23/ベルリン(2018年9月16日)
  3. 安藤 友香(ワコール)
    1994年3月16日/160cm/42kg/2.21.36/名古屋ウィメンズ(2017年3月12日)
  4. 関根 花観(日本郵政グループ)
    1996年2月26日/156cm/43kg/2.23.07/名古屋ウィメンズ(2018年3月11日)
    右足第2中足骨の疲労骨折のため欠場
  5. 岩出 玲亜(アンダーアーマー)
    1994年12月8日/155cm/39kg/2.23.52/名古屋ウィメンズ(2019年3月10日)
  6. 野上 恵子(十八銀行)
    1985年12月6日/160cm/45kg/2.26.33/名古屋ウィメンズ(2018年3月11日)
  7. 鈴木 亜由子(日本郵政グループ)
    1991年10月8日/154cm/38kg/2.28.32/北海道(2018年8月26日)
  8. 小原 怜(天満屋)
    1990年8月10日/165cm/47kg/2.23.20/名古屋ウィメンズ(2016年3月13日)
  9. 福士 加代子(ワコール)
    1982年3月25日/160cm/46kg/2.22.17/大阪国際女子(2018年1月28日)
  10. 上原 美幸(第一生命グループ)
    1995年11月22日/154cm/39kg/2.24.19/名古屋ウィメンズ(2019年3月10日)
  11. 前田 彩里(ダイハツ)
    1991年11月7日/160cm/45kg/2.22.48/名古屋ウィメンズ(2015年3月8日)
    右大腿二頭筋付着部の腱損傷のため欠場
  12. 一山 麻緒(ワコール)
    1997年5月29日/158cm/43kg/2.24.33/東京(2019年3月3日)

東京オリンピック2020日本代表選手の選考基準と結果

東京オリンピック2020のマラソン日本代表選手の出場枠は、男女ともに3枠づつです。

その3枠のうち2枠は、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の優勝者と2位の選手に決まります。

ただし、国際陸運が五輪参加標準記録として設定しているタイムの、

  • 男子は2時間11分30秒
  • 女子は2時間29分30秒

を満たすことが条件となります。

そして、残りの1枠は、MGCファイナルチャレンジの対象レースの、

男子は

  • 北海道マラソン
  • 福岡国際マラソン
  • 別府大分毎日マラソン
  • 東京マラソン
  • びわ湖毎日マラソン

で、派遣設定記録2時間05分49秒を突破したMGC出場資格保有者の最上位選手になります。

女子は

  • 北海道マラソン
  • さいたま国際マラソン
  • 大阪国際女子マラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン

で、派遣設定記録2時間22分22秒を突破したMGC出場資格保有者の最上位選手になります。

まずは、それぞれ2枠がこの大会で、ほぼ決定する見込みですので、しっかり観戦したいですね!

結果は、こちらに追記していきます。

氏名 タイム
男子1位 中村 匠吾 2時間11分28秒
男子2位 服部 勇馬 2時間11分36秒

 

氏名 タイム
女子1位 前田 穂南 2時間25分15秒
女子2位 鈴木 亜由子 2時間29分03秒

おわりに

この記事では、

  • MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の男子出場選手31名(1名欠場)、女子12名(2名欠場)
  • MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)優勝者と2位は、男女とも東京オリンピック2020日本代表選手にほぼ決定

ということがわかりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です