ハリポタファンタビ魔法ワールドカフェ新宿・福岡(博多)の予約方法と混雑時間を調査!

こんにちは!タンゴです。

11月9日(金)に、ハリー・ポッター&ファンタスティック・ビースト 魔法ワールドカフェが新宿と福岡(博多)にオープンしました。

世界初ですよ!しかも、日本に2店舗!

嬉しいですねー。

そこでこの記事では、

  • ハリポタ&ファンタビ魔法ワールドカフェの混雑状況
  • ハリポタ&ファンタビ魔法ワールドカフェの予約方法

について書いていきます。

ハリポタ&ファンタビ魔法ワールドカフェの混雑状況

ハリーポッターやファンタスティック・ビーストで描かれる魔法ワールドを体験してもらうために、オープンした魔法ワールドカフェは、期間限定(2019年1月31日までの予定)のカフェです。

【2019.1.21追記】

魔法ワールドカフェは、好評につき期間延長となりました!

新宿店は、2月17日まで、福岡店は、5月6日までです。

魔法ワールドカフェは、新宿ミロード店、キャナルシティ博多店の2店舗で、それぞれ、カフェエリア、ショップエリア、映像エリアの3つのエリアに別れています。

【2018.12.21追記】

年末年始のカフェエリア営業時間は次の通りです。

※映像エリアをご利用の方は、公式サイトにてご確認ください

新宿店 福岡店
12月31日(月) 11:00~18:00 10:00~21:00
1月1日(火) 休業 9:00~21:00
1月2日(水) 10:00~21:30 10:00~21:00
1月3日(木) 10:00~21:30 10:00~21:00
1月4日(金) 11:00~21:00 10:00~21:00

オープンから3日間は、混雑が予想されたため、事前に入場整理券を配布していました。

実際に行ってきたという人の情報から見てみましょう。

公式ツィッターでは、混雑状況を発信していました。

こちらは、新宿店の状況ですね。

次のツイートは、60分の入れ替え制で、それほど大変な混雑ではない模様。

次は、オープン2日目の朝に整理券を取りに行った人の情報ですね。適度な混み具合で、そんなにストレスはなさそうです。

ショップエリアは、すぐに入れた様ですね。

映像エリアは、事前予約制です。

エリアごとの特徴と混雑状況をまとめました。

カフェエリア

  • 新宿ミロード店は18席、キャナルシティ博多(福岡)店は20席
  • 利用は60分間の入れ替え制
  • 混雑状況は公式ツィッターでチェック
  • 11月12日からは、店前から順次入店
  • 映像エリアを予約した人も、下見ついでに訪れている様子

ショップエリア

  • 新宿店は、フリー入店
  • ここでしか買えないオリジナルグッズなど、人気グッズは売り切れになっているものも

映像エリア

  • 映像を観ながら、フード、ドリンク・デザートのコースセットを楽しむことができる
    ※フードとドリンクは、当日選ぶ
  • 基本は予約制だが、当日、席が空いていれば先着順で入れる

【追記】2018.11.21

先ほど、新宿ミロード店に立ち寄りました!

平日午後にも関わらず、カフェエリアは列が出来ていました。きちんと誘導しているので、混乱はない模様。

ミロード2階エスカレーター前に、案内の立て看板が置いてあります。

そして、ニアミスだったのですが、ジェイコブ役のダンフォグラーさんが、来店されたということです!

あー残念。

ハリー・ポッターシリーズ期間限定無料配信中!

ハリポタ&ファンタビ魔法ワールドカフェの予約方法

【2019.1.21追記】

1月26日から2月8日までの予約は、1月21日12:00から公式サイトにて受け付け中です!

予約方法は、携帯電話(スマホ)のメール予約か、公式ホームページからのWEB予約
※予約特典はコースター(ドリンクに付属)
※WEB予約のみの特典はポストカード

席数は、新宿ミロード店、キャナルシティ博多店ともに、9席(50分での入れ替え制)
※公式ホームページの予約カレンダーを見ると、1日あたり、新宿店が9回、福岡店が11回入れ替えを行なっているようです。

価格は、1人2500円
※支払いは、予約時にクレジットカード決済(予約金500円)で、VISA、MasterCard、AMEXのみ(JCB不可)
※残り2000円は、当日店頭にて現金払い

予約方法や条件などについては、店舗によって若干違いがあったり、細かい条件があるので、必ず公式ホームページで確認をしましょう!

ハリー・ポッターシリーズ期間限定無料配信中!

おわりに

魔法ワールドをしっかり楽しみたい方は、やはり、映像エリアの利用がおすすめです。

また、カフェエリアやショップエリアも、それぞれ利用しやすいスペースとなっているようですので、ファンでなくても、気軽に訪れてみたいスポットです。

年末年始のお出かけの候補にしてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です