ラグビーサモア代表メンバーや注目選手は?世界順位(ランキング)や試合前の儀式も!

こんにちは!タンゴです。

ラグビーワールドカップ 2019で日本全国が盛り上がっていますね!

アイルランド戦に勝った日本が、次に対戦する相手がサモアです。

この記事では、

  • ラグビーサモア代表チームの基本データ
  • ラグビーサモア代表メンバーと注目選手
  • ラグビーサモア代表の世界順位(ランキング)と成績
  • ラグビーサモア代表の試合前の儀式

についてまとめました。

観戦の参考になれば嬉しいです。

ラグビーサモア代表チームの基本データ

ラグビーサモア代表は、ワールドカップ8大会連続8回目の出場を果たし、2003年以降、連続でプール戦敗退が続いています。

要因のひとつとして、代表の主力選手が、国外のリーグでプレイしていることから、メンバーが揃わず、長期合宿が行えないなどの事情が指摘されています。

ラグビー協会設立:1924年

エンブレム:南十字星、ヤシの木、オリーブの葉

ウォークライ:シヴァタウ(SIVATAU)

ワールドカップ最高成績:ベスト8(2回:1991、1995)

世界ランキング(2019年9月30日):15位/スコア70.72

最多キャップ:ブライアン・リマ(65回)

最多得点者:トゥシ・ピシ(238得点)

ヘッドコーチ:スティーブ・ジャクソン

主将:ジャック・ラム

サモア独立国は、かつて、東側のアメリカ領サモア(東サモア)との対比で、西サモア(サモア語でSamoa i Sisifo、英語でWestern Samoa)と呼ばれていました。

南太平洋に位置し、7つの小島からなる国家で、首都はウポル島北部にあるアピア。

サモア語と英語を公用語としています。

1997年7月4日に、現在の国名に変更。

それにともない、西サモア代表からサモア代表と名称を変えました。

チームの愛称は、マヌ・サモア (Manu Samoa)で、マヌは、動物とか、野獣、猛獣を意味します。

ラグビーサモアチームは、個人の能力を全面に出してくるスタイルのプレーが特長です。

体格が良いことから、タックルの際に危険なプレーとして、イエローカードを切られる場面もしばしばです。

さらに、今大会では、タックルの取り締まりがきつくなっており、すでに、2人が出場停止となってしまいました。

チームプレーと個人のスキルがうまく機能した時には、多彩なスキルを駆使した連続攻撃を止めるのは困難です。

強化合宿が十分に行われ、チームとしてのプレイの質が安定すると、強敵と言えるでしょう。

今大会では、自国との気候の違いからか、日本の湿度にうまく順応できていないようで、スコットランド戦では、無得点で完封負けとなりました。

ラグビーサモア代表メンバーと注目選手

ラグビーサモア代表のメンバーとポジション

  1. プロップ(PR):ロゴヴィイ・ムリポラ(ジョーダン・レイ)
  2. フッカー(HO):モトゥ・マトゥウ(セイララ・ラム、レイ・ニウイア)
  3. プロップ(PR):ホール・アモ・エミール(ジェームズ・レイ、マイケル・アラアラトア)
  4. ロック(LO):フィロ・パウロ(ジョシュ・タイレル)
  5. ロック(LO):ケイン・ラウペペ(セニオ・トレアフォア)
  6. フランカー(FL):クリス・ヴイ(ピウラ・ファアサレレ)
  7. フランカー(FL):TJ・イオアネ(ジャック・ラム)
  8. ナンバーエイト(NO8):アファ・アモサ(ピウラ・ファアサレレ、TJ・イオアネ)
  9. スクラムハーフ(SH):ドゥエイン・ポラタイヴォイア(スコット・マルロア、メラニ・マタヴァオ)
  10. スタンドオフ(SO):UJ・セウテニ(トゥシ・ピシ)
  11. ウイング(WTB):エド・フィドウ(ペルジウム・トゥアタガロア)
  12. センター(CTB):レイ・リーロー(ヘンリー・タエフ)
  13. センター(CTB):アラパティ・レイウア(キーロン・フォノテア)
  14. ウイング(WTB):アーシー・トゥアラ(アラパティ・レイウア)
  15. フルバック(FB):ティム・ナナイ・ウイリアムズ(AJ・アラティム)

ラグビーサモア代表の注目選手

トゥシ・ピシ

サントリーやサンウルブズで活躍し、日本ラグビー界に馴染深い現在37歳のスタンドオフのベテラン選手です。

生年月日:1992年6月18日

所属クラブ:豊田自動車織機(日本)

身長/体重:185cm/93kg

代表デビュー:2006年11月11日(ウェールズ戦)

代表キャップ:40キャップ

代表通算得点:252点(3トライ)

W杯出場:2011年、2015年

サントリー時代には、リーグ連覇でMVPに輝き、変幻自在なパスやキックでチームを引っ張る存在です。

独特なステップで相手の隙をつくランも見どころです。

今大会では、いまひとつ調子が上がっていないようですが、日本でのプレイに慣れていることから、日本戦での動きが楽しみです。

ジャック・ラム

サモア代表の主将、ジャック・ラムは、2015年に続いて2度目のワールドカップ出場です。

生年月日:1987年11月18日

所属クラブ:ブリストル(イングランド)

身長/体重:188cm/101kg

代表キャップ:34キャップ

W杯出場:2015年

ニュージーランド・ハミルトンで生まれてすぐ、ウェリントンへ引っ越します。

その後、オーストラリアのキャンベラに移り住みました。

元オールブラックスの、パット・ラムは親戚筋に当たります。

セントエドマンズ大学時代は、センター(CTB)でプレイしていましたが、その後、フォワード(FW)に転向しました。

2008年、ニュージーランド航空カップ大会で、タスマンラグビーユニオンデビューします。

2011年、ハリケーンズで、スーパーラグビーデビューし、スーパーラグビーの新人王に輝きます。

国際試合では、2006年にはU19オーストラリア代表に選ばれましたが、その後、サモア代表となります。

初キャップは2013年のスコットランド戦です。

激しいプレーでチームに活気を与え、人望も厚い選手です。

ポジションは、フランカーとNO8をこなします。

2019年9月7日のオーストラリアとのテストマッチで、目を強打して途中交代となったり、ワールドカッププール戦のスコットランド戦でも、負傷による一時交代となっています。

ラグビーサモア代表の世界順位(ランキング)と成績

2003年以降、ワールドカップでは、プール戦敗退が続いているサモア代表チーム。

今大会でも、本調子ではない様子で、最新の世界ランキング(2019年9月30日)では、15位です。

ラグビーサモア代表のこれまでの戦歴は次の通りです。

2019年の試合結果

日付スコア対戦相手勝敗
7月27日25-17トンガ
8月3日10-13アメリカ
8月10日3-10フィジー
8月31日36-19ニュージーランド・ハートランドXV
9月7日34-15オーストラリア

過去のワールドカップ大会成績

1987年不出場
1991年ベスト8
1995年ベスト8
1999年準々決勝プレーオフ敗退
2003年プール戦敗退
2007年プール戦敗退
2011年プール戦敗退
2015年プール戦敗退

ラグビーサモア代表の試合前の儀式

ラグビーサモア代表は、試合前にウォークライ(雄叫び)を行います。

「シバタウ(Siva Tau)」と呼ばれ、リズミカルでテンポが速いのが特徴的です。

軽々とノリの良い動きに思わず引き込まれてしまいます。

動画と歌詞を紹介します。

Leader: Samoa!

リーダー:サモア!

Tatou o e tau le taua!

戦争に行こう!

Tau e matua tau!

激しく戦う!

Fai ia mafai!

達成するために働く!

Le Manu!

マヌ!

Team: Sau ia!

チーム:行こう!

Le Manu Samoa e ua malo ona fai o le faiva

マヌサモア、あなたの使命を成功させてください

Le Manu Samoa e ua malo ona fai o le faiva

マヌサモア、あなたの使命を成功させてください

Le Manu Samoa lenei ua ou sau

マヌサモアはここに来ました

Leai se isi Manu oi le atu laulau

他にマヌ(チーム)はありません

Ua ou sau nei ma le mea atoa

ここに私は完全に準備します

O lou malosi ua atoatoa

私の強さは最高です

Ia e faatafa ma e soso ese

道を作って脇へ

Leaga o lenei manu e uiga ese

このマヌはユニークだから

Le Manu Samoa

マヌサモア

Le Manu Samoa

マヌサモア

Le Manu Samoa e o mai I Samoa

マヌサモアはサモアから君臨する

Le Manu!

マヌ!

野獣や猛獣と呼ばれるだけあって、強靭な肉体を持ち、激しいプレーを展開するサモア代表ですが、ピッチの外では、ファンサービスもたっぷりでユーモア溢れるジェントルマンです。

そのギャップが後押ししてか、日本で活躍するサモアの選手たちは、いずれも人気者です。

ラグビーワールドカップ日本大会では、日本の文化に敬意を払い、公共の場などでタトゥーを隠すことを発表しました。

タトゥーは、サモアの伝統文化で、非常に重要な意味を持っているとのことです。

世界的スポーツイベントは、多くの文化を知り交流をする良い機会なので、他国の文化を受け入れるという態度は、至極真っ当かと思います。

日本が、グローバルな舞台に立つためには、このようなことも、変えていく必要があるのではないかと思います。

おわりに

この記事では、ラグビーサモア代表は、個人の能力を生かしたプレーが特長のチームです。

注目選手として、トゥシ・ピシとジャック・ラムの、二人を紹介しました。

最新の世界ランキングでは15位、10月5日にラグビーワールドカップのプール戦で、日本代表と対決します。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です