ハリーポッターと賢者の石に登場するニコラス・フラメルとは誰?錬金術についても解説!

こんにちは!タンゴです。

ハリー・ポッターシリーズの第一作目「ハリー・ポッターと賢者の石」は、2001年に映画として公開されてから、15年以上も経っていますが、古さも感じられず、依然として人気です。

人気の理由は色々あると思うのですが、何度観ても解き明かされない謎や、観る人の立場や経験によって、いろんな解釈ができるってことじゃないかと、思っています。

また、ハリー・ポッターシリーズには、日常的に聞きなれない言葉が色々出てくるので、ちょっと混乱することもありますよね?

そこで、ハリー・ポッターシリーズに出てくる気になる言葉やシンボルなどを、解説していこうと思います。

※ネタバレも含まれているので、ご注意ください!

この記事では、

  • ハリー・ポッターと賢者の石に出てくる錬金術とは?
  • 錬金術師ニコラス・フラメルとは誰?665歳って本当?

について解説していきます。

ハリー・ポッターと賢者の石に出てくる錬金術とは?

シリーズ第1作の「ハリー・ポッターと賢者の石」で、錬金術という言葉を、多くの人が知るようになったのではないでしょうか?

錬金術とは、卑金属(銅や鉄などありふれた金属)から、金銀など貴金属をつくり出す試みのことです。

金属のみならず、人間の魂や肉体をも完全にすると考えられており、現在でいう化学みたいなものです。

そして、金属を金に変える力を持つ物質が、賢者の石です。

さらに、これを薬として飲めば、寿命を延ばすとも、不老不死が実現するとも言われていました。

不老不死に対する人間の思いは、永遠の課題ですね。

物語の中では、錬金術は魔法の一つとして扱われています。

錬金術師ニコラ・フラメルとは誰?665歳って本当?

ハリー・ポッターファンなら、すでに知っているかと思いますが、ニコラス・フラメルは実在の人物です。

作品中のニコラス・フラメルと実在のニコラス・フラメルを対比しながら解説します。

作品中のニコラス・フラメル

ニコラス・フラメルは、「ハリー・ポッターと賢者の石」の中で、ダンブルドア校長の友人として登場します。

錬金術は、この物語の中心となる魔法の一つで、ニコラス・フラメルが生み出し、彼のつくったとされる賢者の石が、ホグワーツに持ち込まれたという設定ですね。

さらに、ニコラス・フラメルと彼の妻は、賢者の石を元に精製された命の水を飲んでいたため、665歳(もしくはそれ以上!)であったとされています。

実在したニコラス・フラメル

ニコラス・フラメル、または、ニコラ・フラメル(Nicolas Flamel)とも呼ばれている人物は、1330年フランス中部の町ポントワーズで生まれたと言われています。

ニコラス・フラメルは、パリで写本制作の仕事に従事し、社会的大成功を収め、裕福でした。

当時は、活版などの印刷技術がなかったため、写本(内容を人の手によって書き写していた)が主流で、詩人、画家、筆記者としても活躍しており、豪華本をつくる工房を構え、裕福なクライアントを有していました。

豪華な写本の装飾は、金や銀をふんだんに使い、美しい細密画で飾られていました。

1409年制作のベリー公の写本(部分)

中世フランス王国の王族ベリー公(ジャン1世)の写本は豪華で有名ですが、この筆記者として名の知られたジャン・フラメルという人物がおり、この人物とニコラス・フラメルは同一人物とも言われています。

※この記事のアイキャッチ画像は、ニコラス・フラメルの署名です。

裕福だったニコラスは、ペルネレという女性と結婚していました。

また、ニコラスは信仰心の厚い慈善家としてもよく知られ、多くの教会施設建造に寄付をし、その壁画、彫刻などの妻とともに名を残したということです。

1407年に、ニコラスがパリに建てた家の外壁にも、文字や図柄が刻まれていて、現在は、パリで一番古い家として、レストランになっています。

オーベルジュ・ニコラス・フラメル(Auberge Nicolas Flamel)

51,rue de Montmorency, 75003 Paris, France

ぜひ、訪れてみたいですね!

少し話が逸れてしまったので、元に戻します。

妻ペレネレは、1397年に亡くなり、ニコラスは1417年に亡くなったとされていますが、その後、ある噂が立ちます。

ニコラスは、密かに錬金術を使って、富を築いていたのではないか?と。

そして、1383年の、ニコラスの回顧録の中には、幾度もの実験を行ったすえ、賢者の石を使い、金をつくり出すことに成功したと思われるような記述があります!

そして、ニコラスの信望者は、彼が命の水をつくることにも成功し、その後も妻とともに生きながらえたと信じているのです。

おわりに

「ハリーポッターと賢者の石」では、1992年当時にニコラス・フラメルが665歳か、それ以上とあります。

ニコラス・フラメルが、生きていたとしたら、662歳ということになりますので、物語の中にこの伝説が生きていることになりますね!

以上、ハリー・ポッターと賢者の石に出てくる錬金術ニコラス・フラメルについて解説しました。

この記事が、ハリー・ポッターシリーズを楽しむための参考になれば嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です