天皇即位パレード(祝賀御列の儀)の日程やコースルートと交通規制まとめ

【2019.10.18追記】

祝賀パレードは、11月10日に変更になりました

即位礼正殿の儀と饗宴の儀は予定通り行われます。

こんにちは!タンゴです。

私たち日本人にとって、天皇の御即位で最も華やかなイベントのひとつにパレードがあります。

天皇即位パレード(祝賀御列の儀)は、11月10日に行われます。

何としてでも、パレードを観たい!という人や、皇居周辺の交通規制がどうなるのかなーと思っている人など、いろんな意味で、気になるイベントですよね?

この記事では、

  • 【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)の日程と概要
  • 【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)のルートマップ
  • 【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)の交通規制エリア

についてまとめました。

あわせて読みたい記事

▼天皇退位と即位の記事

2019年天皇退位の礼と新天皇即位の礼の儀式一覧とその内容まとめ

【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)の日程・時間と概要

天皇即位のパレードは、新天皇の即位の礼の儀式の一つで、祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)と呼ばれ、即位礼正殿の儀の後に行われます。

祝賀御列は、広く国民に天皇の御即位を披露され、祝福を受けられるための御列です。

祝賀御列の儀には、秋篠宮皇嗣同妃両殿下が供奉され、自動車列には、天皇陛下の御退位および皇太子殿下の御即位に伴う式典委員会の関係者として、内閣総理大臣、内閣官房長官、および内閣官房副長官等の車両が参加します。

儀式の流れは次の通りです。

  1. 天皇皇后両陛下が宮殿南車寄にお出まし
  2. 国歌演奏
  3. 御列が宮殿南車寄を御出発(午後3時)
  4. 御列が赤坂御所御車寄に御到着(午後3時30分頃)
  5. 国歌演奏
  6. 天皇皇后両陛下が赤坂御所にお入り

出席者の服装は、次のように定められています。

  • 男子:燕尾服
  • 女子:ロングドレス

いずれも勲章を着用します。

この儀式は、国民に新天皇が即位したことを披露し、祝福を受けるものです。

10月22日の即位礼正殿の儀のあとに、開催予定でしたが、台風19号の被害を受けた被災地への配慮から、11月10日(日)開催へと、予定が変更されました。

  • 日時:11月10日(午後3時出発)
  • 場所:皇居・宮殿〜国会正門前など〜赤坂御所までの間(約4.6キロを約30分かけて進行)

パレードで使用される車は、トヨタの市販車センチュリーをオープンカーに改造して使うことになったので、車も初披露ということで、注目が集まりそうです。

パレードで使用されるオープンカーは、式典後に東京都港区の迎賓館と京都市上京区の京都迎賓館で一般展示(詳細未定)されることが決まりました。

【2019.9.18追記】センチュリーの改造車が完成!

【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)のルートマップ

2019年5月21日に天皇の御即位披露のパレード(祝賀御列の儀)のコースルートが決定しました。

決定までの経緯とともに紹介していきます。

2018年10月19日現在検討中のコースルート

2018年10月19日の段階では、次の3種類のコースが検討されているとニュースになりました。

2019年4月19日報道された検討中のコースルート

神宮に親謁の儀を終えた直後の4月19日に、JNN(TBS系)独自取材で、新ルートで調整していることがわかったというニュースがありました。

今年10月に行われる新天皇の即位を祝うパレードのルートについてです。

政府が、「平成の代替わり」のルートではなく、国会図書館自民党本部前を通過するルートで調整していることが分かりました。

引用:JNNニュース

国会議事堂の裏を左折して、国会図書館や自民党本部前を通過し、永田町駅方面に向かうコースです。

このルートでは、

  • 日差しを遮る首都高速の高架下を通る距離が短くなる
  • 皇居を取り囲む内堀通りの交通規制の範囲が狭められる

というメリットがあるようです。

2019年5月21日に決定したコースルート

5月21日に開かれた式典委員会で、天皇陛下の御即位を国民に披露するパレードのコースを決めたというニュースが流れました。

4月19日に検討中だった新提案のコースが、最終的なコースとして決定しました!

参考:Nスタ(TBS系)

皇居・宮殿→二重橋前交差点→桜田門交差点→国会議事堂正門前→憲政記念館前の交差点(左折)→国立国会図書館前→青山通り→赤坂御所

パレードは、皇居・宮殿から、天皇、皇后両陛下のお住まいである赤坂御所までの4.6kmを、オープンカーに乗って約30分かけて走行するものです。

決定したコースは、平成の代替わりコースをベースに、景観や警備などを考慮して一部変更したもので、4月19日のニュースで述べられていたメリットがコース決定の要因のようです。

【即位の礼】祝賀パレード(祝賀御列の儀)の交通規制エリア

11月10日祝賀パレードのコースルート周辺の交通規制

11月10日(日)に皇居・赤坂御所周辺で交通規制が行われます。

交通規制エリアと時間

  • 場所:皇居前から赤坂御所までのコースと、その周辺
    内堀通り、大手門から祝田橋まで
    行幸通り、和田倉門から坂下門まで
    鍛冶橋通り、馬場先門から二重橋前まで
  • 時間:11月10日午前7時頃から午後4時30分頃

交通規制は、路線バス、タクシーなど公共交通機関も含め全ての車両が通行できませんので、ご注意ください。

※1 日比谷地下道通行止め
※2 外堀通り(四谷見附⇔山王下)はパレード通過直前まで通行できます
※3 信濃町駅前交差点(四谷三丁目交差点方向から)は、Uターンもしくは右折のみ可能

出典:東京都ホームページ – 祝賀パレードの交通規制エリア

11月10日皇居周辺の交通規制の時間別の通行禁止規制エリアについては、下記を参照してください。

▼警視庁ホームページ

11月10日(日)皇居周辺の交通規制(PDF形式:1,329KB)

10月20日〜25日の交通規制

即位の礼(10月22〜23日)の前後の期間は、交通抑制が行われます。

さらに、首都高、羽田空港・都心間で、外国要人通行時に一時的な交通規制が実施される場合があります。

交通抑制の期間

  • 10月20日(日)頃~10月25日(金)頃

※中央環状線は、う回路として通行できます。
※湾岸線は通行できますが、外国要人通行時は一時的に交通規制が実施される場合があります。

即位の礼の期間には、オアレードのコースルート以外にも、広い範囲で交通規制が行われます。

交通規制は、路線バス、タクシーなど公共交通機関も含め全ての車両が通行できませんので、ご注意ください。

交通規制の日時は次の通りです。

  • 10月22日:午前10時頃〜24時
  • 10月23日:午後〜23時

下記の情報を参考にされてください。

出典:外国要人の多数来日に伴う交通規制(即位の礼期間中の交通規制)

▼警視庁ホームページ

交通規制が実施される首都高速道路及び地区(PDF形式:1,149KB)

おわりに

この記事では、天皇の即位のお披露目である祝賀御列の儀の祝賀パレードのコースルートについてまとめました。

最新ニュースは、こちらで追記していきますので、ぜひご覧ください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい記事

▼天皇退位と即位の記事

2019年天皇退位の礼と新天皇即位の礼の儀式一覧とその内容まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です